障害共済年金について

障害共済年金とは、平成27年10月より障害厚生年金と一元化されました。ここでは、一元化される前の障害共済年金について、ご説明します。

障害共済年金は、公務員などの組合員である間に障害を負った時に受け取れます。その他に、障害認定日に障害の1級から3級に該当する事、障害認定日に該当しなくても65歳の前日までに3級以上に該当した時、組合員である期間に初診日のある傷病と、組合員になる前の他の障害を合わせて2級以上の障害の認定を受けた事が要件となります。年金額は、1級の場合、厚生年金相当額+職域年金相当額に1、25を掛けた金額に、障害基礎年金1級の額が加算されます。2級の場合は、厚生年金相当額+職域年金相当額に1、0を掛けた金額に、障害基礎年金の2級の額が加算されます。3級の場合は、厚生年金相当額+職域年金相当額に1、0を掛けた金額のみが受け取れます。配偶者がいる場合は、年間224,500円が加算されます。子どもがいる場合は、第2子までは、1人につき224,500円、第3子以降は74,800円が加算されます。申請の際の必要書類は、障害基礎年金などと同様の書類の他に、障害共済年金決定請求書、年金受給に関する調査票、共済組合加入状況申立書などが必要です。

一元化後の手続きなどは障害厚生年金と同じになりましたが、一部異なる点もある為注意が必要です。